FC2ブログ

塗装屋日誌

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは 日曜日なんて・・・とぶつぶつ独り言を言いながら、

事務所で作業中の本田です。(笑)


さて、まずは先日無事にお引き渡しを終えた、高崎市S様との一枚です

CIMG1266.jpg


S様、本当にお世話になりました。


続いて、24日から着工している、高崎市Y様邸の進行状況です。


足場屋さんに足場を組んでもらい、

CIMG1308.jpg


当社で飛散防止のメッシュシートを貼りました。

CIMG1309.jpg


屋根高圧洗浄。

CIMG1320.jpg


外壁高圧洗浄。

CIMG1321.jpg


ベランダ床 高圧洗浄。

CIMG1324.jpg


屋根にはコケが大量に発生していました。


高圧洗浄前。

CIMG1313.jpg


高圧洗浄後。

CIMG1325.jpg


続いてコーキングです。


Y様邸は、既存のコーキングがまり劣化していない状態で、まだしっかりとしていたので、

一度手撤去してから充填する、通常の「打ち替え」ではなく、

既存の上から新たに充填する、「打ち増し」で、行いました。


まだコーキングがしっかりとしていれば、「打ち増し」で行う方が、お客様に無駄なお金を

使っていただかずに済みますからね。


ただ!勘違いしないで下さいね!!通常、基本は「打ち替え」ですよ!!


コーキング部分に本当に痛みがなくて、「撤去するのはもったいない!!」

というぐらいじゃないと「打ち増し」は行ってはいけません!!


中には、「打ち替え」とうたって、「打ち増し」を行う手抜き業者もいるので、注意が必要です!


余談ですが、当社は慎重な診断を経て、「打ち増し」を提案させていただきました。


もちろん、Y様に提出させていただいた「お見積書」には「打ち増し」ときちんと記載させていただきました。


施工写真はこちら。


まずは、コーキングを充填する箇所の周りをマスキング(養生)します。

CIMG1330.jpg


全体マスキング後。

CIMG1331.jpg


そして、下地とコーキングの密着性を高めるための、プライマーを塗布します。

CIMG1333.jpg



まずは全体に配るようにコーキング充填。

CIMG1334.jpg



ヘラでしっかりと平らにならしていきます。

CIMG1335.jpg



コーキングが乾燥する前に、マスキングテープを剥がします。


(乾燥してしまうと、テープが剥がれなくなってしまうので)


コーキング充填完了です。

CIMG1336.jpg


明日からは養生に入ります。


そして、また後日改めて報告しますが、やっと・・やっと・・・・


従業員が決定しました!!


何度も面接を行い、時には約束した面接にさえ来てもらえないなんてことも・・・(泣)


詳しい話はまた後日ということで


それでは今日はこの辺で


皆様が笑顔で包まれますように・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://612929.blog58.fc2.com/tb.php/87-c19093f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。